分譲住宅、、よく聞くけどこれって何?

分譲住宅とは?どんな人に向いているの?

区画整理し、いくつかに分けて販売される土地を「分譲地」といいます。その分譲地に、新築住宅を建設し土地とセットで販売することを「分譲(建売)住宅」といいます。また、土地をまず購入しそこに自分好みの住宅を建てるのが「注文住宅」です。
分譲住宅は「新築住宅を購入したいけど、予算はあまりかけられない」という方におすすめです。同じような住宅を同時にいくつも建てるため設備や資材などを大量に仕入れており、費用を抑えることができます。その為、同料金なら注文住宅より分譲住宅の方がハイグレードの住宅に住む事ができます。
また、分譲住宅は実際に見学できるので、生活のイメージがしやすいです。注文住宅の場合、出来上がってみたらイメージと違ったと言う事もあるので、購入してからのリスクは低いと考えられます。
さらに、同年代の世帯が集まりやすく、引越し時期が同じなので1から関係を築きやすいという利点もあります。

一戸建てのメリットとは?

一戸建てにするかマンションにするか、迷われる方も多いと思います。一戸建てのメリットはどんな事があるでしょうか? まずは、土地を購入するので資金価値が残るという事です。住宅の価値はなくなっても、土地は売買したり貸したり、子供に相続したりすることができます。 次に、物音で気を使わなくても良い事です。マンションの場合は子供の泣き声や騒ぐ声などが非常に心配ですが、一戸建ての場合は子供に制限をさせず、のびのびと生活する事ができます。 最後に、趣味を楽しめる事です。あまり気を使わずギターやピアノを弾いたり、音楽を聴いたりできるだけでなく、庭付きの場合にはガーデニングやバーベキューなどを楽しむことができます。 一戸建てにもマンションにも、それぞれメリットやデメリットがあります。何を優先するのかをよく考え、自分たちに合った理想の家を見つけられますように。

自己資金やローンの返済について考えるのが、初めて新築一戸建てを購入する場合の基本です。銀行が開催している相談会などのイベントも、資金計画の構築に役立ちます。